人気ブログランキング | 話題のタグを見る
納涼スポット探訪
またブログをサボっている内に早くも8月になってしまいました。。
今年は真夏なっても天気が不安定で、とつぜん強い雨が降ったりします。
それでも太陽が出れば30度を軽く超える陽気で、海になかなか行けない身としてはこんなところへ涼みに歴史探訪に行ってみました。

まずはサンジェンナーロのカタコンベ

カポディモンテを下ったところにあるLa basilica dell'Incoronata Madre del Buon Consiglio e Regina della Cattolica Chiesa というすごく長い名前(絶対覚えられないので、あのカポディモンテの大きい教会、と呼んでいます)の教会の裏手から入る巨大な地下墓地です。
納涼スポット探訪_e0224461_17374073.jpg

段差をつけて隣り合った2つのカタコンベがあり、A.D.2~3世紀頃に作られ始めた当初は古代ローマの貴族を埋葬するため、キリスト教が普及してからは信者の埋葬のために使われ、掘りやすい火山性の凝灰岩をどんどん自由自在に広げていったようです。
(骨は別の所に移されています)

これは小さい子供を含む家族が埋葬されていたアーチ形のお墓に描かれたフレスコ画。
5~6世紀頃のもので、保存状態のいいとても美しい絵です。
納涼スポット探訪_e0224461_1742486.jpg

富裕層は個々のお墓を建てましたが、自分のお墓を持つことのできない庶民は壁一面に掘られた棚の様な横穴に安置されました。
(写真はnapoli.turnet.itから拝借)
納涼スポット探訪_e0224461_17435263.jpg

キリスト教が普及してからはキリストや聖人のフレスコ画が多くなります。
納涼スポット探訪_e0224461_17452361.jpg

とても小さい穴も多く、子供の死亡率が高かったのでしょう。
納涼スポット探訪_e0224461_17483136.jpg

別の入り口から入る3つの通路をもつカタコンベ。
納涼スポット探訪_e0224461_1747693.jpg

納涼スポット探訪_e0224461_17501565.jpg

ナポリの守護聖人サンジェンナーロの亡骸が一時期安置されていたのでこう呼びますが、今はかつて埋葬されていた床下にある墓穴の跡だけが残っています。
若くして殉教したサン・ジェンナーロを描いたフレスコ画。
納涼スポット探訪_e0224461_1749731.jpg


さて、次はサン・ガウディーゾのカタコンベ。
サニタ地区という全体的に物騒なナポリの中でもなお物騒なエリアにあるLa basilica di Santa Maria della Sanità 教会の地下にあります。
雑然としたこのエリアには不釣り合いなほど立派な教会の下にカタコンベがひっそりと眠っています。
当初、カタコンベへの入り口があった5世紀頃の初期のキリスト教会。
納涼スポット探訪_e0224461_17494646.jpg

カタコンベの名前にもなっている聖ガウディーゾが安置されたとされるアーチ形墓地のモザイクの墓碑銘。
納涼スポット探訪_e0224461_18331364.jpg

さて、ここで目を引くのはたくさんの骸骨の絵。頭蓋骨の部分を重要視した当時のドメニコ派修道会によるもので、頭のところには本物の頭蓋骨が入れられていました。
今は頭蓋骨の前面は破損して空洞になっています。
納涼スポット探訪_e0224461_18345447.jpg

観光地にある顔のところがくりぬいてある看板みたいなのを想像してしまう不謹慎な私・・。
それにしてもすごく小さい頭蓋骨ですね。
納涼スポット探訪_e0224461_18351994.jpg

現在の大きな教会はこの上に17世紀になって建てられたもの。
この白くて眩しい教会の下にあの不思議な世界が広がっているのです。
納涼スポット探訪_e0224461_1752994.jpg


*サン・ジェンナーロのカタコンベ 10:00~17:00 日曜は13:00まで
*サン・ガウディーゾのカタコンベ 10:00~13:00  
2つのカタコンベの共通券:8ユーロ  
どちらも毎時にガイドツアーが実施され、丁寧に説明してくれます。

Yumi

www.zenzeronline.it

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
by zenzeronline | 2014-08-01 18:36 | ナポリから
<< Fontanelleの墓地 アマルフィ海岸 番外編 >>



旅行会社 ZENZERO のレジーナとトニアが、南イタリア情報をお届けします。
by zenzeronline