人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Fontanelleの墓地
こんにちは。
日本も暑い日が続いているようですね。残暑お見舞い申し上げます。

さて、8月15日は聖母マリアが天に召された日として、イタリアでは重要な祝日です。
日本ではお盆。いずれもあの世とこの世を結ぶ特別な日なのでしょうか?
ということで、前回のカタコンベに引き続き、またまた私達日本人にとっては不可思議なお墓の話を。。
Fontanelleの墓地_e0224461_264877.jpg

このお墓、フォンタネッレ墓地といって、前回のカタコンベよりはずっと後の近世のものです。
1656年のペスト、1836年のコレラで亡くなった犠牲者の遺骨が葬られていて、その数、なんと4万体。

もとは石切り場だった巨大な空間を納骨所にしてあり、サニタ地区の町はずれにひっそりと入り口がありますが、一歩入ると・・!
Fontanelleの墓地_e0224461_272348.jpg

壮絶な数の人骨がいろんな形に積み上げられています。
Fontanelleの墓地_e0224461_2111097.jpg

礼拝堂に見立てたような小箱の中にカップルで入っている頭蓋骨もあります。
Fontanelleの墓地_e0224461_2112825.jpg

当時のナポリの人たちは、無縁仏(他に言葉をしが見つからないのであえてホトケと呼ばせてください)の骨の中から1つを選んで自分の家族だったかのように受け入れ、骨をきれいにしたり、周囲を飾ったりしてお参りしていたそうで、この小箱もそういった人々によるものなのでしょう。
もちろん純粋な慈悲の気持ちもあるでしょうが、見返りに骨の持ち主の魂が自分を守ってくれたり、面白いのは夢でスモルフィアの数字を教えてくれ、その番号の宝くじを買うと当たる、というようなことが信じられていたようです。
そうは言ってもなかなか人の骸骨の世話はできないものです。
こういう風習はイタリアの中でもナポリだけに見られるものだそうで、ナポリの人達って死者との距離がとても近いのよ、とReginaが言っていました。

でも亡くなって何百年もこんな風に他人に見物されたのでは魂は休まらないんじゃないでしょうか?
こんな風にぎゅうぎゅう詰めにされて。
Fontanelleの墓地_e0224461_2124890.jpg

やはり私は火葬にしてもらいたいです。

ここは物騒なナポリの中でもなお物騒と言われるサニタ地区の外れにあります。
主人などには絶対やめておけと言われ(でも自分がついていくとは言わない)、とりあえずクレジットカード類は置いて、代わりにお守りと名のつくものは日本のもイタリアのも全部持って行ってみました。
道を聞いた人もバルのオヤジもみんな親切だったし、実際こんなのどかな風景の中にあるのですけど。
Fontanelleの墓地_e0224461_2134014.jpg


フォンタネッレの墓所 10:00~16:00 無料 
メトロのMaterdei駅から10分程ですが、アクセスはタクシー利用をお薦めします。


Yumi

www.zenzeronline.it




にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
by zenzeronline | 2014-08-17 22:30 | ナポリから
<< プーリア州のバカンス 納涼スポット探訪 >>



旅行会社 ZENZERO のレジーナとトニアが、南イタリア情報をお届けします。
by zenzeronline