人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ナポリは・・
年が明けてまだ間もない4日の深夜、イタリアで最も愛されている歌手の一人、ピノ・ダニエレが突然の心臓発作でこの世を去りました。
まだ59歳、直前まで普通にTVにも出演していた彼の死は本当にショッキングなことでした。
ナポリの港湾労働者の家に生まれた彼の歌は人生のやるせなさみたいなものを歌ったものが多く、老若男女みんなに人気があります。
ナポリ人の誇りであり、彼らの代弁者だった彼の死の喪失感は計り知れないものがあるようです。

ガテン系の外見に似合わない、高音で癒し系の声を持つシンガーソングライター。ギターの名手でもありました。 
ナポリは・・_e0224461_5385031.jpg

彼のお葬式は当初ローマのみで行われる予定でしたが、それではナポリ市民の気がおさまらず、前日にお通夜ともいうべき集会があったナポリ中心のプレビシート広場で2度目のお葬式が行われ、10 万人以上の人が集まりました。(vesuviolive.itより)
ナポリは・・_e0224461_5391480.jpg




最初の方でみんなが歌っているのは、Napule e’(ナポリは)という歌で、ナポリ弁で書かれています。
ナポリの国歌みたいな歌で、サッカーのナポリの試合とか、みんなの気持ちはひとつさ!という気分の時に歌われているようです。



ナポリは千の色、ナポリは千の恐怖。
ナポリはだんだん大きくなる子供達の声。
ここでは君は一人じゃないって分かるだろう。

ナポリは苦い太陽、ナポリは海の匂い。
ナポリは誰も見向きもしない汚れた一枚の紙。
みんな幸運を待っているだけ。

ナポリは人であふれる小路の散歩。
ナポリはすべて夢。
世界中がこの町を知っているけれど、みんな本当の姿を知らない。


シンプルな歌詞の中にナポリの影と光が描かれています。
ナポリで育ち、かつ外の世界も見た人ならではの歌詞だと思います。

ナポリは・・私にとっては、憎み切れないろくでなし(古・・)男のようなイメージでしょうか。
しょうもないところの方が多いのに、そういう部分も含めて丸ごと許してしまうような魅力があります。
実際、こういう人には勝てないですよね~。

晩年はトスカーナ地方で暮らしていたというピノですが、私にとってはナポリのシンボルのような歌手でした。
ご冥福をお祈りします。

Yumi

www.zenzeronline.it


にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
by zenzeronline | 2015-01-11 21:25 | ナポリから
<< 埼玉県の穴場レストラン Aversaの町とおにぎり >>



旅行会社 ZENZERO のレジーナとトニアが、南イタリア情報をお届けします。
by zenzeronline