人気ブログランキング | 話題のタグを見る
カセルタの王宮とフェルディナンド4世
こんにちは!
今年は5月に入っても天気が安定せず、雨が降ったり肌寒かったり。
晴れたのを見計らって(と思ったら途中から大雨に)、レジーナ大先生と一緒にナポリ郊外のカセルタ王宮に行って来ました。
カセルタの王宮とフェルディナンド4世_e0224461_0302786.jpg

この壮大な王宮の建設が始まったのは1752年。当時ナポリはスペインブルボン家の支配下にあり、カルロ7世の治世でした。ベルサイユ宮殿に触発されて作ったというこの王宮は、1200も部屋があり、大学や、劇場、大型の図書館も備えていました。
入り口にあるカルロ7世像。功績と美徳の神が脇を固めます。
カセルタの王宮とフェルディナンド4世_e0224461_0325095.jpg

宮殿の最初の石を置く場面の絵 地鎮祭のようなもの?
カセルタの王宮とフェルディナンド4世_e0224461_0332039.jpg

その後カルロ7世は、本国スペインの王位を継ぐために、王宮の完成を待たずに国に帰ってしまいます。
ナポリ王位は当時8歳の息子に譲られるので、実際にこの王宮を完成させ、住むことになるのは息子のフェルディナンド4世ということになります。これはその王位継承の時の絵で、玉座の2人がカルロとフェルディナンドです。
カセルタの王宮とフェルディナンド4世_e0224461_23541811.jpg

フェルディナンド4世はデカ鼻王、みたいに呼ばれた、あまりハンサムとは言えない要望の持ち主でした。そのうえ父親と一緒にいられる期間が少なかったせいか、教養がなくて上品さに欠ける人だったとも。
でもナポリで生まれ育った気さくで無邪気な王様は、社交界や市民からとても愛されていたようです。
カセルタの王宮とフェルディナンド4世_e0224461_0352272.jpg

政略結婚により彼と結婚したのはオーストリアからやって来たハプスブルグ家のマリア・カロリーナ。
彼女はひと目見て「げっ」と思ったようですが、フェルディナンドは彼女にぞっこんで、のちには彼女に政治の実権を握られてしまったりします。いずれにしろそういう事にあまり興味がなかった彼は、妻から「可愛いお馬鹿さん」と呼ばれながら、趣味の狩りに没頭していたようです。

ちょっと怖そうなおかた
カセルタの王宮とフェルディナンド4世_e0224461_0354756.jpg

彼女が本国から持って来たマイセンの壺
カセルタの王宮とフェルディナンド4世_e0224461_0361129.jpg

ちなみにマリア・カロリーナはマリア・テレジアの娘で、ルイ16世の妃になるマリー・アントワネットのすぐ上の姉です。
とても仲のいい姉妹だったというこの二人。夫に愛されない寂しさから浪費して国民に憎まれ、最後はギロチンにかけられてしまった妹と比べると、自分を愛してくれる夫がいるマリア・カロリーナは幸せだったのではないでしょうか。
・・まあこういうことは庶民も王女も違いはありませんけど。

さて、宮殿以上に素晴らしいのは山から流れる滝で始まる(終わる?)広大な庭園で、最奥まで3kmもあります。
カセルタの王宮とフェルディナンド4世_e0224461_038922.jpg

ここが最奥のディアナの噴水
カセルタの王宮とフェルディナンド4世_e0224461_1283413.jpg

狩りをしていて偶然、水浴び中の月の女神ディアナの裸を見てしまったアクタイオンが怒ったディアナに鹿に変えられ、自分の連れていた犬にかみ殺されてしまうという場面です。
ひえ~アクタイオン可哀想過ぎ。
カセルタの王宮とフェルディナンド4世_e0224461_040786.jpg

さて、フェルディナンド4世はただの可愛いお馬鹿さんではなかったみたいで、王宮の北の、元は狩場だったサン・レウチョに王立絹織物工場を建設します。
そして周りには労働者のための住宅を建て、子供の教育を義務化し、女性でも男性と同等の賃金を与えるなど、みんなが気持ちよく働けるとても進んだ産業都市を作りあげました。
労働者が結婚する際は町から支度金ももらえたそうで、そういった結婚式にお忍びで出席するのを楽しみにしていたというフェルディナンド4世。いい人!

当時の工場は現在博物館になっていますが、伝統的な生地は外の工場で織られ続けています。
併設のお店にはロイヤルな柄の生地がいっぱい。
カセルタの王宮とフェルディナンド4世_e0224461_2112378.jpg

こちらにいらっしゃったら1日はナポリの喧騒を離れて、フェルディナンド4世の作ったユートピアでのんびり過ごすのもおススメです。

Yumi

www.zenzeronline.it


にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
by zenzeronline | 2016-05-18 17:00 | おススメの旅行先
ナポリの桜 >>



旅行会社 ZENZERO のレジーナとトニアが、南イタリア情報をお届けします。
by zenzeronline