カテゴリ:ゼンゼロのお客さまから( 1 )
Mariさんからのレポート:ナポリよりメリークリスマス!
皆さん、こんにちは。
ゼンゼロのレジーナです。

今回は昨年のクリスマスにナポリに遊びに来たMari さんからのレポートをお送りします。

皆さん、こんにちは。Mari です。私はいつもクリスマスやパスクアなど、特別なイベントがある時期にゼンゼロさんを利用させてもらっています。毎回普通の旅行者ではできない素敵な体験をさせてもらっているのですが、今回はレジーナさんの方から「ナポリのクリスマスを体験してみませんか?」とお誘いいただきました。

2年前のクリスマスはパガーニにあるレジーナさんのご実家にホームステイをしたので、まさに『ザ・イタリアのクリスマス』という感じだったのですが、今回はナポリの中心街にあるレジーナさんのアパートに遊びにいかせてもらったので、また違った趣がありました。

24日のお昼頃ナポリに到着し、軽く腹ごなしをしてからさっそく街へ。
ナポリ市内はクリスマスの最後の買い物をする人達でごったがえしていて、まるで日本の年末のアメ横のよう。


e0224461_720884.jpg

e0224461_5584768.jpg

まずは魚屋さんを物色。イタリアでは24日にお魚を食べるので、魚屋さんは書き入れ時。

e0224461_60395.jpg

続いて八百屋さん。カラフルな店先がいかにもナポリらしい。
e0224461_674124.jpg

ちなみに天井から野菜がつるされているのはナポリのクリスマスの伝統だそう。(写真左)トマトなど、冬に採れない野菜を保存する方法だそうです。ひからびちゃわないの?と思ったけど、冷所でこうやってつるしておけば、大丈夫とのこと。たしかに少しダメージのあるやつもあったけど、ほとんどはフレッシュなトマト。
これまた伝統のメロンを持ってポーズをとるおじさん。(写真右)ちなみに値段は日本の『縁起物』みないな感じで若干お高め。

e0224461_692935.jpg

街を練り歩くミュージシャンのおじさん二人組。いかにもナポリらしい。
e0224461_6103775.jpg


さて、いったん買い物の荷物をアパートへ置いて、プレゼピオが有名なサン・グレゴリオ・アルメーノ通りへ。
e0224461_6374784.jpg

ずらっと立ち並ぶプレゼーピオは圧巻。ナポリの人達は毎年少しずつ揃えていくんだそう。
「プレゼーピオは1700年代に普及しました。なので、当時の生活様式がそのまま反映されているんですよ。」とレジーナさん。
e0224461_6495865.jpg



さて、買い物を終えてアパートへ帰り、いよいよクリスマスディナーの準備。24日は魚を食べる、ということでメニューはボンゴレのリングイネとイカとエビのフリット。日本で料理の先生もしていたレジーナさん。その腕前は玄人裸足。
e0224461_6535791.jpg

プリモはクリスマスの伝統『吊るしトマト』(と勝手に命名)が入った絶品ボンゴレ・ロッソ。
e0224461_6554299.jpg

そしてこちらがセコンドのイカとエビのフリット。ナポリは本当に魚介がおいしくて、うれしくなってしまう。おなかがはち切れるまで食べてしまった。
e0224461_70243.jpg

でも、クリスマスなので、まだまだ食べます。クリスマスの伝統菓子、ストゥルッフォリを始めとするお菓子たち。(写真左)ストゥルッフォリはもちろん、後ろに見えるビスコッティもレジーナさんの手作り。彼女がお母さんから教わったマンマの味です。


そしてドルチェの後はリキュールを。(写真右)レジーナさんのうちに遊びに行ったら絶対に出してもらうのが、この月桂樹のお酒。お母さんの手作りでここでしか味わえません。リキュールの甘さと月桂樹の風味が合わさった不思議な味。甘いのになぜか後味はさわやかで、飲めば飲むほど癖になる。
食後はレジーナさんのお友達も合流。夜遅くまでおしゃべりは続きました。

明けて25日はゆっくりと起床。外はとても静かでまるで日本の元日の朝のよう。
お昼過ぎまでダラダラと過ごすところも日本のお正月とそっくり。そして25日のお昼はお肉を食べます。
e0224461_734013.jpg

プリモはパガーニの知り合いの工場からわざわざ取り寄せたという、リコッタチーズのラビオリ。普通はトマトソースで食べるんだけれども、前日沢山食べたので、この日は軽めにパルメザンチーズのみでいただく。
e0224461_6434797.jpg

セコンドはインボルティーニ。ハムとチーズを豚肉で巻き、フライした一品。こちらも好みでトマトソースをかけてもよし。

ひとしきり食べた後、夜はいよいよ外へ。前日の夜お会いした、レジーナさんのお友達と一緒にナポリの地下トンネル、Tunnel Borbonicoの見学ツアーに参加。
e0224461_7112154.jpg

このTunnel Borbonico は第二次世界大戦中には防空壕としても使われていて、地下に残された車やバイクなどの粗大ごみ(?)から当時の様子を垣間見ることができる。この日はクリスマスとあって、地元の劇団の方がトンネルツアーの合間に当時の様子を再現するお芝居をしてくれる特別イベントがあった。

別れた家族を探している老婆二人の会話、爆撃で子供を亡くした若い女の人・・・などなど、臨場感あるお芝居のおかげで、まるで当時にタイムスリップしたかのような錯覚に陥る。

ツアー終了後、トンネルから地上に上がると、戦時中の防空壕へ迷い込んでいた自分の意識も現代へ引き戻された。キンとした冷たい空気の中、ナポリの街をぶらぶら歩きながらレジーナさんのアパートまで戻る。

あっという間だったけれど、内容の濃い二日間だったな。毎回毎回、ナポリの新しい魅力に触れさせてくれるレジーナさんには本当に感謝。
またよろしくお願いします。


www.zenzeronline.it


にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by zenzeronline | 2012-02-18 09:00 | ゼンゼロのお客さまから



旅行会社 ZENZERO のレジーナとトニアが、南イタリア情報をお届けします。
by zenzeronline
カテゴリ
全体
ごあいさつ
メッセージ
おススメの旅行先
ナポリから
ゼンゼロのお客さまから
未分類
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 03月
2011年 02月
フォロー中のブログ
in the middl...
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧