<   2015年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧
ナポリ仕立て
みなさんこんにちは♪
今週は天気がずっと悪くて、今日も雨が降っているナポリです。
さて、ナポリ人ってなんか大ざっぱで怠け者、というイメージがありますが、その一方、ピッツァ職人、カメオ職人、磁器のカポディモンテ焼き職人、プレゼピオ(キリスト生誕のミニチュア人形)作り職人などなど、徒弟制で受け継がれる熟練した技術をもった職人さんがたくさんいる街でもあります。
その中でもサルトと言われる服の仕立て職人が作る男物のスーツやシャツは一目置かれる存在で、世界中のおしゃれな男性たちを魅了しています。
14世紀頃には仕立て屋組合のようなものが存在していたらしいナポリ。今でもボッテガと呼ばれる小さな工房がたくさんあって、そこで殆ど手縫いで作られる服は着心地が良く、柔らかいラインやちょっと隙を残したような絶妙な仕上がりが特徴です。

今回、お客様に同行して、そんなサルトリア(仕立て屋)のいくつかに行ってきました。

ペトロシーノ(Petrosino):
ドゥオモ近くの裏通りに、最も優れた若手の仕立て職人に贈られる"Forbici d'oro(金のはさみ)賞の1位を最近受賞した若いアントニオの店があります。
e0224461_19201586.jpg

e0224461_19165715.jpg

仮縫いの終わったスーツを試着して微妙な修正を加えていきます。
e0224461_19163560.jpg

今回のお客様は、特別な場面でなく、普通に会社に来て行けるようなスーツを、とのことで、ずいぶん贅沢な、とも思いますが、とにかく着心地がよくて耐久性があるので、頻繁に長く着ることになって結局はお得なのだそうです。
https://www.facebook.com/sartoria.petrosino

2軒目はアンナ・マトゥオッツォ(Anna Matuozzo): ここはシャツの専門店です。
http://anna-matuozzo.tumblr.com/

普通の住居のようなアパートの一室に工房があって、まるで友人の家を訪ねるような感じです。
e0224461_19185484.jpg

選び抜かれた布地がたくさん積まれています。
e0224461_19181592.jpg

ナポリで最高のシャツ、と言われる着心地がよくて美しいシャツは代表のアンナさん他、全て女性による手縫いで作られています。
e0224461_19191144.jpg


最後は大御所のソリート(Solito): トレド通りの薄暗い建物の一室にあります。
父親のジェンナーロと息子のルイジ。
e0224461_19192990.jpg

ナポリのサルトリアを代表するマエストロでありながら、店の外まで出迎えてくれ、穏やかにお客さんの好みを丁重に聞くジェンナーロ。
控えめに息子を立てるような態度もとても好感が持てました。
父親の神業的技術を受け継ぎながらも、息子のルイジは彼ならではの若々しいラインを作り出しています。
http://www.sartoriasolito.it/PRIMA.html

・・・と、ずいぶん書きましたが実はお客様の受け売りが殆どのファッションに疎い私。
でも決して安くはないこうした一流の仕立て屋の作る服を、はるばる日本からもたくさんのお客さんがオーダーしに来るわけで、淡々と手を動かす彼らにナポリの文化の底ヂカラを見る思いがしました。

余談ですが、実は私の主人の父もサルトだったのです。米寿を超えた今でも何でも自分が口出ししないと気が済まなくて、子供達と会えばケンカばかりしている舅。
そんな性格の故か、主人をはじめ誰も跡を継がず、最近店を閉めてしまいました。
もし彼がジェンナーロみたいな穏やかなヒトだったら、主人もサルトになってたかもなあ、とちょっと残念に思ったりしました。
・・・まああの不器用さじゃゼッタイ無理だけどね。

Yumi

ナポリ仕立てのスーツやシャツに興味のある方はこちらにお問い合わせください。
www.zenzeronline.it

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by zenzeronline | 2015-02-25 11:06 | ナポリから
ガンバレ小売店!
みなさんこんにちは! 数週間日本に里帰りしていて先日帰ってまいりました。
楽しい日々はあっという間に過ぎてしまいますね~。
忙しい合間に時間を作って会ってくれたたくさんの友達、どうもありがとう。
帰っても出かけてばかりでゆっくり家の手伝いもしない親不孝な娘でごめんね、ママ。

それにしても日本はちょっと留守にしただけで浦島太郎状態になりますね。
どこに行っても新しいお店や商品がいっぱいで目がクラクラ。
ついついゲルマニウム美顔器とか超音波歯ブラシとか必要もない物を買ってしまいます。。

さてこちらはナポリ、10年一日の如く、昔とあまり変わらない生活を営む彼ら。
私の住む郊外の町では新開発のスイーツなんかほとんどお目にかかりません。良く言えば地に足がついているんです。

そして日本とすごく違うところがスーパーより小売店が圧倒的に多いこと。私が小さい頃の日本みたいです。

以下、私がよく行くお店たち。

渋いオヤジが2人で営む魚屋。ここの魚は新鮮で、11時なのにもう売り切れ。
e0224461_23583425.jpg

e0224461_0191282.jpg

ナポリ演歌みたいなのをいつも歌ってる陽気なお肉屋さん
e0224461_23592417.jpg

チーズやサラミを売ってるお店。「ひさしぶり!日本どうだった?次はボクも一緒に行くからね~!」とか人懐っこいセーネン達
e0224461_23594769.jpg

瓶を持ってって量り売りで買うワイン屋さん。1リットル1.7ユーロとかの安さだけどなかなかイケるんです。
e0224461_03189.jpg

e0224461_00875.jpg

果物や野菜は日本よりかなり安くてありがたい。こっちにきてからずいぶん果物を食べるようになりました。
e0224461_011996.jpg

臓物はこんな風にして売ってます。塩とレモンをかけただけで食べるのですが、これは今でも苦手だな。
e0224461_004276.jpg

一軒一軒こういう店を廻りながら店の人と世間話をしたり、バッタリ会った知り合いと盛り上がったり。主婦の午前中は過ぎていくのであります。
そういうのってちょっとめんどくさかったりする私だけど、彼らを見ていると、こういう関係をもっと楽しめるようになったらいいな、とも思います。

こんな風に買い物しながら油を売って過ごすのも主婦の大事な日課。
今のところは大型店が小売店を一掃してしまうようなことはなさそうです。

帰って来たよ~、またよろしくね!


Yumi


www.zenzeronline.it



にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by zenzeronline | 2015-02-16 00:23



旅行会社 ZENZERO のレジーナとトニアが、南イタリア情報をお届けします。
by zenzeronline
カテゴリ
全体
ごあいさつ
メッセージ
おススメの旅行先
ナポリから
ゼンゼロのお客さまから
未分類
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 03月
2011年 02月
フォロー中のブログ
in the middl...
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧